一端立つ

いちはなだつ【一端立つ】
真っ先にする。 一端(イチハナ)駆ける。

Japanese explanatory dictionaries. 2013.

Look at other dictionaries:

  • つりわ — つりわ【吊り輪・吊り環】 体操用具の一。 上方からつるした二本のひもの先端に手で握る輪をつけたもの。 また, それを用いて懸垂・倒立など種々の演技を行う男子の体操競技。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • つく — I つく【付く】 〔動詞五[四]段型活用。 動詞「付く」から〕 擬声語・擬態語に付いて, そういう様子になるという意を表す。 「がた~・く」「ごた~・く」「べた~・く」 II つく【付く】 ※一※ (動カ五[四]) ❶物と物とが接触・接合・付着する。 (1)二つの物が触れたまま離れなくなる。 くっつく。 接合する。 「折れた腕の骨がうまく~・いた」「接着剤でぴったり~・いて離れなくなる」 (2)ある物と他のある物とが接近してすき間がない状態になる。 「両ひざが軽く~・くように座る」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • つる — I つる【吊る・釣る】 ※一※ (動ラ五[四]) ※一※(他動詞) (1)上で支えて下へ垂れ下げる。 「蚊帳を~・る」「棚を~・る」 (2)物の端を固定して高い所にかけ渡す。 「ハンモックを~・る」「橋を~・る」 (3)相撲で, 両手で相手のまわしを引き相手の体をつり上げて両足が土俵から離れた状態にする。 《吊》「土俵際に~・って出る」 (4)釣り針をつけた糸を垂らして魚をとる。 《釣》「フナを~・る」 (5)わなやおとりでけものや虫をとらえる。… …   Japanese explanatory dictionaries

  • 立川流 — たちかわりゅう【立川流】 〔仏〕 真言宗から派生した一派。 平安末期に仁寛が始め, 鎌倉末の文観によって興隆した。 男女の交合を即身成仏と解し, 信仰の中心に位置付けた。 正統的真言宗から異端として弾圧され, 近世に入って衰微した。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • つが — I つが【栂】 マツ科の常緑高木。 山地に自生。 幹は直立し, 30メートルに達する。 葉は線形で枝に二列に密生する。 雌雄同株。 雌花・雄花とも枝端に単生。 球果は小さい長卵形。 材は建材・器具材・パルプに, 樹皮からはタンニンをとる。 近縁種にコメツガ・カナダツガなど。 トガ。 栂の木。 II つが【都賀】 姓氏の一。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 立ち衆 — たちしゅ【立(ち)衆】 能・狂言などで, 同じ役まわりで一団となって演技をする, 数人から成る端役。 「安宅(アタカ)」の山伏や「菌(クサビラ)」のきのこの精など。 たちしゅう。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 立衆 — たちしゅ【立(ち)衆】 能・狂言などで, 同じ役まわりで一団となって演技をする, 数人から成る端役。 「安宅(アタカ)」の山伏や「菌(クサビラ)」のきのこの精など。 たちしゅう。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • いちはなだつ — いちはなだつ【一端立つ】 真っ先にする。 一端(イチハナ)駆ける。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • いっか — I いっか【一下】 (命令などが)ひとたび下されること。 「命令~」「号令~」 II いっか【一価】 (1)元素の原子価が一であること。 また, ある基(原子あるいは原子団)が他の原子と単結合を一つつくりうること。 (2)イオンのイオン価が一であること。 (3)酸一分子が, 水素イオンとして放出しうる水素原子を一個もっていること。 塩基一分子が, 水酸化物イオンとして放出しうる水酸基を一個もっていること, または, 塩基一分子が水素イオン一個と反応しうること。 (4)有機化合物が,… …   Japanese explanatory dictionaries

  • かみでっぽう — かみでっぽう【紙鉄砲】 おもちゃの一種。 細長い竹の筒の両端に濡らした紙を丸めて詰め, 細長い棒で一端の紙玉を筒内に突き入れると, 空気の圧力で他端の紙だまが筒から音を立てて飛び出るもの。 紙玉鉄砲。 → 竹鉄砲 …   Japanese explanatory dictionaries

Share the article and excerpts

Direct link
Do a right-click on the link above
and select “Copy Link”

We are using cookies for the best presentation of our site. Continuing to use this site, you agree with this.